【Webライティング勉強におすすめの本】沈黙のWebライティング

この記事は約11分で読めます。

こんにちはtaka(@taka26817539)です!

突然ですがあなたは「Webライティング」とはどういうものか知っていますか?

Webライティングとは検索結果に上位表示させるための技術のことを言います。

あなたも普段ウェブサイトを見ていて「このサイト見やすいな」、「このサイト使いやすいな」と思ったことがありますよね!

そんなサイトにはWebライティングの技術が必ず使われています。

taka
taka

ただ書いているだけじゃないんです!

本記事ではWebライティングの技術を漫画形式で勉強できる「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」という本について書いていきたいと思います。

本記事は

  • Webライティングの基礎を学びたい
  • Webライティングとはどんなものか分からない
  • ウェブサイトやブログの順位を上げる方法が知りたい

といった方に向けて書いています。

スポンサーリンク

本の紹介

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」は京都と東京にあるWebプランニング会社「ウェブライダー」の代表である松尾茂起(@seokyoto)さんが執筆した本です。

松尾茂起さんの所属する「ウェブライダー」は、Webを通じて、モノ・コトの価値をわかりやすく伝えるプロ集団であり、コンサルティングやWebコンテンツ作成、Webライター育成などWebに関わる幅広い事業を行なっています。

ウェブライダー | 京都と東京で噂のWeb制作・マーケティングチーム
すべての人をヒーローに。京都と東京で噂のWeb制作・Webマーケティングチーム「ウェブライダー」は、コンテンツプランニングと検索エンジンマーケティングを得意とするWeb制作の精鋭チームです。

この本は、Webのプロである松尾茂起さんがWebライティングのノウハウをストーリー形式にまとめた一冊です。

本の特徴

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」の1番の特徴はイラスト付きのストーリー形式でWebライティングを勉強できるということです。

taka
taka

チャット形式で漫画みたいで読みやすいですね!

ストーリーは主人公とともにWebライティングの基礎を学んでいきます。

真面目なストーリーというよりはギャグ漫画のようなユーモアあふれた内容になっています。

割と厨二病みたいな描写が多くあります笑

内容はエピソード1からエピソード7まで分けられており、それぞれのエピソードの後に「ヴェロニカ先生の特別講義」というまとめのようなものがついています(ヴェロニカというのは登場人物の1人)。

このまとめが非常に見やすく、このまとめだけ見ても内容がわかるようになっています。

また、まとめでは著者のおすすめサイトなども載っており非常に使いやすくなっています。

この本を購入すると、この本の中で使われた書類などをダウンロードすることもできます。

まとめ

本記事では「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」について書きました。

taka
taka

漫画のようで本が苦手な僕でも簡単に読み切ることができました!

実は「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」はWebで無料で読むことができます!

SEOライティングの鼓動 | 沈黙のWebライティング
須原にある温泉旅館「みやび屋」。若き女将が切り盛りするその旅館はWeb集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。やがて、その旅館にひとりの男が来訪する。その男の名は「ボーン・片桐」。39.9kgのノートPCを操るその男の目的とは一体何なのか・・・!?今、みやび屋のWebライティングを巡る、戦士たちの激闘が始まる!

残念ながらWeb版では「ヴェロニカ先生の特別講義」はついていないようです。

また、本の方が圧倒的に読みやすいと思うので「Web版で試しに見て、よければ購入」というのが良いかと思います。

Webライティングの基礎はこの一冊で十分に学ぶことができますのでぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

ちなみにですがこの沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディションの続編となっていますので、こちらも合わせてチェックしてみてください!

趣味
スポンサーリンク
takaをフォローする
スポンサーリンク
takablog

コメント

タイトルとURLをコピーしました