【ネタバレなし】”超実写版”映画「ライオンキング」映像が美しすぎる!

映画
この記事は約5分で読めます。

こんにちはtaka(@taka26817539)です!

みなさんおなじみのディズニー作品「ライオンキング」は見たことがありますか?

僕は小さい頃、あまりディズニーに興味がなく有名なディズニー作品はほとんど見たことがありません。

taka
taka

正直シンデレラとかもストーリーをほとんど知りません…笑

「ライオンキング」と聞くとまず大西ライオンが思い浮かぶ…。

そんな僕が2019年8月9日に公開された”超実写版”映画「ライオンキング」を見てきました!

あなたに美しすぎるフルCG映像の魅力をお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

作品紹介

ディズニーの傑作長編アニメーションとして誕生し、ミュージカルでも大人気の不朽の作品「ライオンキング」が”超実写版”としてリメイク。

誰もが聴いたことのある名曲の数々と、この世界の人々全てに”生きる意味”があることに気づかせてくれる感動の作品。

世代も国境も越えて、全ての人の心へ響くストーリー!

監督

今作を手がけたのはジョン・ファヴロー監督。

有名なマーベル作品「アイアンマン」、「アイアンマン2」、「アベンジャーズ」シリーズを手がけ、さらに主人公のトニー・スタークの運転手ハッピー・ホーガン役として出演もしてます。

また、ウォルト・ディズニーの遺作であるアニメーション映画「ジャングル・ブック」を2016年に実写化しました。

「ジャングル・ブック」では美しいジャングルや動物たちをCGで再現し、大ヒットとなりました。

今作の「ライオンキング」では、さらに美しい映像となっています。

監督曰く、”超実写版”ではオリジナル作品の良いところは受け継ぎ、アップデートを行なったということです。

実はオリジナルの作品よりも約30分長くなっており、重要なシーンにさらに深みを持たせたと語っています。

taka
taka

緊迫感あふれるシーンと美しい映像のコラボレーションは凄まじいです!

中でも監督が「ライオンキング」を通じて最も伝えたいことは重要なテーマの1つ「サークル・オブ・ライフ」ということです。

「サークル・オブ・ライフ」とは生命のつながりのことで、人間もつながり合っているということを気づかせてくれる作品となっています。

主な登場人物

ここからは主な登場人物を紹介します。

引用元:ライオンキング公式HP

シンバ

サバンナを治める偉大な王ムファサを父に持ち、”未来の王”としての運命に生まれたライオン。

愛情に包まれ、やんちゃで好奇心旺盛。

ムファサから王としての責任を聞かされるも、理解するには幼く、早く父のような王になりたいと無邪気に願う。

引用元:ライオンキング公式HP

ムファサ

サバンナを治める偉大な王でシンバの父。

動物たちの尊敬と信頼を集める。

自然界の繊細なバランスを知り、命あるものへの敬意を忘れず、王としての責任のもと、多様な動物たちが生きるサバンナを治める。

威厳に満ちた王であると同時に、シンバの危機には自らの命を投げ出しても救おうとする愛情深い父親。

彼を慕うシンバとは強い絆で結ばれている。

引用元:ライオンキング公式HP

スカー

サバンナを治める偉大な王ムファサの弟で、シンバの叔父。

「人生は不公平だ」と考えている。

王になれない自分の運命を恨み、あらゆる動物たちが集い祝ったシンバの誕生の儀式にも欠席した。

王の座を狙う彼は、ライオンが統治するのを面白く思っていないハイエナたちと手を組んで策略をめぐらす。

引用元:ライオンキング公式HP

ナラ

シンバの幼なじみで大親友。

子ライオン時代にはシンバと取っ組み合いをすれば勝ってしまうほど、勝気で活発な女の子だった。

シンバ同様、好奇心と冒険心が旺盛で、一緒に無謀な冒険をしてムファサに命を助けられたことさえある。

シンバが姿を消した時には、”シンバは死んだ”とスカーから聞かされ、深く悲しんだ。

やがて若く美しいライオンに成長した彼女は、スカーの支配によって危機にある王国を救うべく、助けを求めて故郷を後にする。

引用元:ライオンキング公式HP

プンバァ

陽気で心優しく、のんびり屋で食いしん坊なイボイノシシ。

王国を追放されて干からびた大地で行き倒れていた子ライオンのシンバの命を救う。

相棒のミーアキャット、ティモンと共に、「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」のモットーで心に傷を抱えたシンバを元気づけ、親友となる。

王になる運命の元に生まれたライオンであることは知らぬまま、ライオンのシンバに守られ、助け合いながら、緑豊かなジャングルで、共に自由気ままな生活を送る。

引用元:ライオンキング公式HP

ティモン

口が悪くてちょっぴり怒りっぽいが、根は仲間思いで世話好きの、すばしっこいミーアキャット。

プンバァの相棒。

行き倒れになっていた小さなシンバに遭遇したとき、ライオンを味方につければ恐いものなしになる、という思いから、プンバァと共にその命を助けたが、やがて大親友になる。

群れから仲間外れになった過去を持ち、「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」の精神で陽気に生きている。

引用元:ライオンキング公式HP

感想

映像

まず何と言っても映像が美しすぎます!

NHKでやっているアフリカのドキュメンタリーさながらの映像です。

今作は全てCGで作られていますが、ライオンの毛並み、水の反射、植物、飛んでいる虫、太陽どれをとってもCGくさいと思う部分が一切ありませんでした。

小さい頃のシンバは毛がもふもふでとっても可愛かったです!

また、場面に合わせて変化する天気の描写は美しい映像と合わさって思わずポップコーンを食べている手を止めてしまうほどでした!

taka
taka

他にも鳥が飛んでいるシーンは再現度がすごく、感動しました!

ストーリー

ストーリー面では今回が初めての「ライオンキング」でしたが、非常に深い話だと思いました。

子ライオンのシンバの成長とともに変わっていく心境が丁寧に描かれています。

子ライオン時代の危機、スカーの陰謀、プンバァ・ティモンとの出会いなど見どころがたくさんあります。

また、今回僕は字幕版ではなく吹替版で鑑賞しました。

吹替版では俳優の賀来賢人さん(シンバ)やお笑い芸人のミキの亜生さん(ティモン)などの豪華キャストで吹き替えられていました。

特にプンバァとティモンのやり取りはコントのようで思わず笑ってしまいました。

taka
taka

劇場のみなさんも思わず吹き出していました笑

ミュージカルのような曲も多く取り入れられています。

特にハクナ・マタタの曲は一緒に歌いたくなるような楽しい曲となっています!

まとめ

本記事では”超実写版”映画「ライオンキング」について書きました。

作り込まれたストーリー、美しすぎる映像、ミュージカルのような楽しい曲の数々と約1500円でお腹いっぱいの内容となっています!

大人も子供も楽しめる内容となっていますのでぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか!

taka
taka

親子でも行ってみてくださいね!

コメント

  1. さくまる より:

    すごい!これ読んだら私もみたくなっちゃった!
    アルキメデスの大戦も面白いからぜひみてね
    というかシンデレラのストーリーわからないのはやばい笑

タイトルとURLをコピーしました